葦田不見(Ashida Mizu)

詩をかきます。言葉をつむぎます。エッセイとか日記とか。

タチバナ

言葉はわたしたちの世界であり、思考そのものであるという点で、安い言葉に安んじる人は安い人間と言ってもいいのかもしれない。

ここでは私が好かない人たちをただ安いと言ったけれども、それはあくまでも私の価値判断で、その人たちからしたら私も安く見えているのだと思う。

さて、早速矛盾するようであるが、できれば私は価値の評価をしたくない。されたくない。

価値判断をすること。次元を下げること。微分すること。
星々を一枚の紙に表現すること。
わかった気になるが、わかっては、いない。
空、無限の星たちの泳ぐあの場所を一枚の膜、寝床から見上げる蚊帳のようなものだと思ってしまうが、アイツとアイツとは遠く隔たっている。私たちがいるのは厚みを持ったクッションの中だ。

空が膜に見える人は膜の世界で、クッションに見える人はクッション世界で、それぞれ生きています。

膜の質感、クッションの内容物、それもまた各々の言葉だ。

ある人には糸しか見えません。かっこいいことではないような気がする。人の美醜、を評価、するのによく使われる言葉を借りれば、かわいい。かわいそうとかわいいは似ている。

漢字にすれば可哀想と可愛い、哀しく想えるのと愛らしく思えるのと、似ているのは日本語の先輩たちの息吹。これらは私の言葉。

私の「私」は所有性を誇りたいがためではない。
個別性を語りたいだけです。
個人的にはこう思う、と言っているんだと思ってください。

自分を大切に思える心は大切かもしれないが、立派なトロフィーは埃を被るものです。

私にはそれが埃に見えるが、それを名声と誇る人もいる。
罵声も嬌声。

人の尺度を丁寧にぶち壊すほど私はやさしくないけれども、他人を私の尺度に落とし込まない程度にはやさしくありたい。

読んで感じて、最後には死ねばいい。
やさしい暴力と、異人間交流と。

ありがとうございました。