葦田不見(Ashida Mizu)

詩をかきます。言葉をつむぎます。エッセイとか日記とか。

アイス(冬味)

雪虫が腕にとまってくれました。

正式名称は分かりませんが、そんなものは必要ありません。


止まっているのを眺めるのは初めてのことで、非常に美しい虫でございました。

足にもちゃんと雪のような毛が生えているのです。


雪の降らない季節、場所でも雪を擬似的に楽しませてくれる雪虫たちに感謝を。

降り始めの雨のかおり、土埃を滴にとかす、あのかおりを冬の舌で味わって。



追記:あれ、雪虫じゃなかったかも。(5/10)